採用サイトはどこもキレイ

2021年02月01日(月)

ホームページは、一度作成して終わりではありません。

作ってしまって満足し、更新しなくていいと思っている方もいらっしゃるようですが、WEBの世界は常に進化し続けています。

ご自身のホームページ/WEBサイトで高い成果をうみ出すため、定期的な更新作業は重要なタスクです。

とはいえ、さあブログを書こう!今日も明日も更新だ!となってしまうと意外とハードルが高かったりします。

基本的には自社の事業に関係することを記載する方が多いのですが、結構シンプルな、早くブログを終わらせよう!感のただよう文面になってしまったりするんですよね(無理やり書かされていることも多いので、多少気持ちもわかります笑)

更新頻度も重要なポイントであることながら、

個人的には、企業サイトで一番着目すべきは採用サイトかな〜と思ったりしています。

若い優秀な人財を招き入れるため、企業様は自社の強みや魅力、自身の働き方など、ありとあらゆるところまでサイト上でプレゼンをします。

また若い人の目にとまるよう、挙動や見え方も実に”今風”で、見ていて面白いものが多いんですよね。

正直参考にさせてもらったデザインや動き、コンテンツなんかもものすごく多いですし、単純に見るのが好きです^^

先輩インタビューや動画・写真で照れながら写っている社員さんを見ると、自然とほっこりした気持ちになってくるんですよね

僕自身、過去に一眼レフを持ち(腕はからっきしでしたが)、はいもっと笑ってー!なんていう形式的なご依頼を出していたこともありますが、やはり採用サイトのコンテンツは”自分が主人公になって、自社の良さを後輩に伝える”という、登場人物全員が主人公になっているページだと感じるんです=^^=

みんなそれぞれ人間関係や、仕事がうまく行く日、そうでない日なんかもあっていろんな顔を見せると思うのですが、採用サイト撮影時は、もうみんな100%笑顔(笑)

不思議と雰囲気もいいんですよね笑

そういう空気だからこそ見えてくる自社のいいところなど、すらすら言葉で出てきます。

僕らの仕事は単なるWEB上に情報を載せるだけではなく、そうして接したみなさんひとりひとりに、新たな気づきを与えることもしているんじゃないかな、と感じています。

WEBの世界に恋をして早10年近く。。

思い返せば本当にいろんな業種のサイトに携わりました。

当然ですがそれぞれ別業種の専門知識は全くない素人なので、お仕事をいただくたびに「ほほぅ〜」となる事情も知れたりで、楽しい思い出しか蘇ってこないんです。

これって結構すごくないですか笑

なんだか何が書きたいのかわからなくなってきましたね笑

採用サイトはきれいです笑 各企業の方々に、文章で詰まった際は、採用情報としてインタビューされている感じで話してみてください。と話を切り出したりしています。

そうだ、このブログは私の成長記録とでもしましょうかね。

新才杜は、コーポレートサイトはもちろん、ここに書いたような採用サイトも得意としています。

自社のサイトをブラッシュアップしたいみなさま、ぜひお問合せください。

今後の展望をお聞かせください。

これからの時代、WEBと一緒に事業を盛り上げていきましょう。